整体症例「ぎっくり腰」の30代女性 A様

症例

ギックリ腰で来院した30代女性 A様 の整体症例をご紹介します。

今回は壁づたいで歩いて来院した女性が施術後に普通に歩いて帰ったお話しです。

壁づたいに歩いて来院

A様はギックリ腰から2〜3日経過してから来院されました。

来院時は壁づたいで歩き、やっとの思いで来てくれました。

カウンセリングで、もともと腰痛になりやすいことや家事、育児など多忙さなどが重なってギックリ腰になったと思われます。

ぎっくり腰って何?

ぎっくり腰を簡単にいうと、腰の筋肉の急激な緊張によって炎症が起きたものです。

何気なくタンスの引き出しを開けるような動作でもぎっくり腰になってしまいます。

なぜなら、普段の生活による腰への負担が積み重なって腰が過緊張をしてしまうからです。

今回のA様も普段の体の使い方から腰に負担がかかり腰痛を抱えていました。それが積み重なり、ふとした瞬間にぎっくり腰になってしまったようです。

A様は気功催眠整体を受けられました

整体では過緊張した腰をほぐすことで痛みが軽減されますので、今回の施術でも腰、腰周囲、全身をほぐしました。

ただ、ぎっくり腰の場合はマッサージの振動を感じるだけでも激痛が走ります。

腰を直接マッサージをすることができません。

なので、非常にソフトな施術と気功を使いながらの整体でほぐしています。

さらに催眠療法で「腰に負担がかかる動作をやめつつ、楽に動けるようになっていく」といった暗示をかけました。

施術後は、恐る恐るでしたが普通に立ち上がれてびっくりされていました。帰るころには壁づたいではなく、普通に歩いて帰られました。

ぎっくり腰の痛みが取れてよかったのと、「普段の生活動作を見直すきっかけになった」ようで僕も嬉しく思います。

ぎっくり腰の場合は2週間も安静にすれば自然と治ります。でも、2週間も休めないのが現実ではないでしょうか?

ぎっくり腰を早期改善したいあなたは、M’s整体をお試しください。

症例 腰痛
マサキをフォローする
ブログを書いてる人

小野 正樹

元消防士から整体師に転職!現在は、旭川の整体師、催眠療法師、身体能力開発家としてM’s整体を運営!

整体師、セラピスト向けのセミナー講師もしています。

高校野球のトレーナー、リラクゼーションサロンでの経験、介護施設での施術経験が豊富で、学生から高齢者まで施術して喜ばれています(^^)

旭川のみんなが幸せに生活をできるように体と心のケアを整体をとおしてしています!

個人ブログ➡マサブロ

Twitter@Masaki_Ono12

YouTube➡Masaki’s Channel

予約・質問➡お問い合わせ

旭川の出張訪問整体ならM's整体

コメント

タイトルとURLをコピーしました